45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

45歳の自己分析方法

   

過去を振り返り、未来を見る

 自己分析は自分の持っているものを再確認するものであり、特に培ってきた技術や経験が重視される45歳では必要不可欠な作業となります。この年齢になれば過去を振り返る作業も大変なものとなりますが、焦らずに1つずつ身になる体験をしてきたことを振り返ってみるといいでしょう。その上で振り返ったことは箇条書きにする等して整理していけば、転職において何を武器とできるかを把握しやすくなります。

 一方で自己分析は過去を見るだけでなく、未来を見るためのものであり、過去の振り返った上で転職をして将来的にはどうしていきたいかも分析する必要があります。この年での転職は大きな変化をもたらすものとなるため、将来を見据えなければ己の人生を棒に振るってしまうことになるからです。

他人の力を借りる

 一方で自己分析という名前ではありますが、自分だけで考えるのではなく家族や知人、職場の同僚等他人の意見を聞く方法があります。実際に自分だけだと考えが偏ってしまって、自己分析の結果としておかしなものになる可能性もあります。他人からの意見であれば客観的なものであるため、他人とは違う視点の意見を聞けて自己分析がより明確にしやすくなります。

 ただ、問題としては職場の同僚に聞くとなると転職を考えていることが企業にバレやすくなってしまうため、聞き方やタイミングに気をつけましょう。



【関連記事】
45歳で進める転職活動の計画
企業の分析をしていく

 - 転職準備

  関連記事

企業の分析をしていく

企業だけでなく社会情勢も見ていこう  企業分析では企業の情報を見るだけでなく、現 …

45歳で進める転職活動の計画

物がわからなければ計画しようがない  転職活動をするにおいて最も先にやるべきなの …