45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

45歳の書く履歴書

   

重要なのは職務経歴書であるが…

 基本的に45歳ともなれば、技術や経験を重視することになるため、それらを記載することになる職務経歴書の方が重視されることになります。しかし当然のことながらそれは履歴書を書くのに手を抜いていいということではありません。履歴書もしっかりと書けているか確認がされ、内容に問題があれば選考から外されることになってしまうからです。

 この年になれば履歴書を書くのは本当に久々になると思います。と、なれば書き方自体を忘れている方も多いでしょう。履歴書は書き方の形式が決まっている部分が多いため、それを忘れていると履歴書としておかしなものになってしまいます。

 書き方を忘れているのであれば今一度確認をし直しましょう。

企業と職種で内容を考える

 当然のことながら職務経歴書はもちろんのこと、履歴書の方も企業とその職種によって内容による見方は変わってきます。同じ内容でもAとBではAは大きく評価するが、Bは普通の評価ということがありえるのです。資格や免許、志望動機と自己PR、それぞれの内容が左右されるため、自分が応募する企業と職種であれば何を書くのが効率的か考えてから作成していきましょう。

 空白がないように書いていくのも忘れないようにしてください。



【関連記事】
45歳の書く職務経歴書
応募書類を書く時に悩んでしまったら

 - 書類作成ポイント

  関連記事

応募書類を書く時に悩んでしまったら

休んで再開しよう  45歳ともなると体調にも支障が出やすい年齢となります。更に仕 …

45歳の書く職務経歴書

職務経歴書の内容について  45歳の転職では職務経歴書が重要となります。重要にな …

MS251_memotonewsp500
採用担当者の目をひく書類の書き方!

【経歴や取得資格の採用担当者の目をひく書き方とは?】  45歳の転職希望社にとっ …

af0100009150l[1]
仕事姿勢のアピールポイントとNGな志望動機

意欲や適性、仕事姿勢のアピール方法とは?  書類選考を突破するためには、経歴やス …

no image
サイトからWeb応募する際の注意点

サイトからweb応募する際の注意点とは?  転職活動を行う上で色々な求人情報を集 …