45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

45歳で進める転職活動の計画

   

物がわからなければ計画しようがない

 転職活動をするにおいて最も先にやるべきなのは、転職の状況と社会について知ることです。45歳となればキャリアも豊富であり社会のことを学んできたとは思いますが、残念ながら「転職」という立場での「社会」の情報は不足しているでしょう。45歳では転職の状況も厳しい年齢であり、状況と社会を知らずしての転職活動は「無謀」の一言になってしまいます。

 調べるにあたっては思った以上に残酷な現実を突きつけられることにもなりますが、それを受け止めてこそ本当に転職活動を始めることができるといえるでしょう。少なくとも昔に比べると40代以降にも転職の可能性は出てきているという希望の情報もあることですから。

学習のことを考えるのも1つの方法

 今の仕事とは違う別の職種へと転職する場合は未経験であるがために、同じ職種に転職するより難しいことになります。中には何かしらの資格や免許が必要となるため、それを取得することも考えなくてはいけません。45歳で新しいことを学習するということですが、世の中には老人になって新しいことを始めて取得している人もいるため、何も恥ずかしくもおかしくもありません。

 むしろ「学ぶ」という姿勢が向上心を生んで、それが意欲として企業側へと評価される可能性もあります。



【関連記事】
45歳の自己分析方法
企業の分析をしていく

 - 転職準備

  関連記事

企業の分析をしていく

企業だけでなく社会情勢も見ていこう  企業分析では企業の情報を見るだけでなく、現 …

45歳の自己分析方法

過去を振り返り、未来を見る  自己分析は自分の持っているものを再確認するものであ …