45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

45歳で転職を考えるなら転職の流れを把握

 転職は年齢が高いほど難しくなります。と、なれば45歳となれば難しくなることは容易に分かることでしょう。今の時代は高齢の人間でもリストラとして切られてもおかしくない時代です。だからこそ45歳で転職をするということは他人事ではないともいえます。では実際に45歳で転職をしたいのならどうすればいいのでしょうか。

何が求められるのかを知る

 まず45歳が転職をするのなら何が求められるのかを知ることです。このぐらいの年となると経験と技術はもちろんですが、むしろ人をまとめたり、管理したりするといった人に言われて動くのではなく他人に指示を出す側の力を求められることが多いです。もちろん職種によっても変わってくるので、転職活動の前にそれを理解して、それを分かった上で動く必要があります。


【参考記事】
45歳で進める転職活動の計画
45歳の自己分析方法
企業の分析をしていく

求人を根気よく探そう

 50代よりはまだましではありますが、それでも求人としては前の世代に比べると少ない方です。最も昔に比べればこのくらいの年齢の人間も求める企業が増えてきたため、決してなくはないのです。よって探せば見つかるので根気よく探しましょう。もちろん応募の際には雇用条件も見て自分の納得のいくところを選びたいところです。


【参考記事】
45歳で仕事を探していくのであれば
45歳の利用するハローワーク
45歳の転職はエージェントの利用を

応募書類で自分のスキルをアピールする

 キャリアを見せるのならやはり職務経歴書でどれだけ伝えられるかが大事となります。ここまで様々な仕事をしてきたはずです。その中でも最も自分のスキルをアピールできるものを選ぶといいでしょう。特にリーダー系統で仕事をしている内容のものは大きな武器となるでしょう。


【参考記事】
45歳の書く履歴書
45歳の書く職務経歴書
応募書類を書く時に悩んでしまったら

面接での受け答えが重要

 自分のキャリアをアピールするのはもちろんです。そしてその際には相手にしっかりと伝わるように文章を考える必要があります。実際に働いて人を管理するとなると、他人に的確に伝わりやすく指示を出せるかが大事となるので、その面接での受け答えでそれを見られるようになるからです。


【参考記事】
45歳で守る面接マナー
45歳で聞かれる質問は
面接の時の質問は何をするべきか

退職準備は最後までしっかりと

 45となれば上の地位にいることも多いので、抜けるとその企業にとって大きな打撃となる可能性があります。もちろんそうでないのなら構いませんが、それでも自分の意志で退職することを決めたのならする前に会社に支障が出ないよう作業をしておきましょう。引継ぎ作業はもちろんですが、それ以外にも残せる技術があれば残しておけば後の世代の人間の役に立つでしょう。


【参考記事】
45歳での円満退職
退社のために手続きを済ませる
転職先の入社で確認すること

公開日:
最終更新日:2015/03/16