45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

45歳で守る面接マナー

   

マナーを守るというよりは

 
 若い世代だろうが、高齢の世代だろうが面接のマナーは平等であり、守らなくてはいけません。特に45歳となれば若いものの手本になる年齢であるため、その年齢の人間がマナーを守れないというのは恥ずべきことです。面接が久々であればマナーを再び学んでいく必要があるのですが、45歳の場合にはマナーを守ろうとするよりは、相手に気持ちよく応対してもらえるよう努力しましょう。

 実際に45歳となると高齢であり、この辺りの人間は面接でもプライドからか問題のある態度を取ることが多いのです。そのような「傲慢さ」があればマナーを守れなくて当然ともいえます。そうではなく真摯な態度で挑もうと考えれば自然とマナーというのは守れるようになるものなのです。

仕事場でも用心を

 マナーを鍛える場所としてはやはり今働いている仕事場が適切な場所となります。ここでマナーを守らない行動をしていると、それが自然と面接の場でも出てくるようになってしまいます。普段から愚痴が多い人間は、面接の場でもぽつりと余計な一言を言ってしまうことが多いということです。今問題があると思う行動があれば、それを矯正するように行動しましょう。
 
 自覚がないのであれば、他人の意見を聞いてそれにしっかりと耳を傾けてください。



【関連記事】
45歳で聞かれる質問は
面接の時の質問は何をするべきか

 - 面接対策

  関連記事

no image
面接の時の質問は何をするべきか

聞いてはいけない質問は  面接では最後に質問を促されることになります。もちろんこ …

45歳で聞かれる質問は

失敗の経験について  45歳ともなれば多くの仕事を経験したはずです。と、なればよ …