45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

面接の時の質問は何をするべきか

   

聞いてはいけない質問は

 面接では最後に質問を促されることになります。もちろんここで答えなければ採用は遠のいてしまうので、幾つか質問を用意しておく必要があります。その質問を考える際には、まずは「してはいけない質問」は何かを考えるところから始めましょう。

 45歳ともなれば大分社会に精通しているため、タブーとしている内容の質問も理解していると思います。しかしその一方で精通してしまっているからこそ、無意識にしてはいけない質問をしてしまうということもあるでしょう。特に情報を握るような立場の人間だと尚更する危険があります。

 質問を考えるときには立場のことは忘れて、一個人としてタブーになるとされる質問を洗い出していきましょう。自分で考えるだけでなく、ネット等も調べる方法もあります。

質問は何をする

 無難かつ真っ先に聞いておきたいのはやはり仕事の内容です。45歳となると書かれている仕事だけでなく、別の重要な仕事を任されることにもなるからです。「聞いてなかった」という事態になる前に、面接であらかじめ聞いておきましょう。ただ内容を聞くだけでなく、企業にも規則があるため、用意すべきものや気をつけることに関しても聞いておいた方がいいでしょう。

 少なくとも仕事に関して深く聞いておけば労働意欲に関しては評価してくれるはずです。



【関連記事】
45歳で守る面接マナー
45歳で聞かれる質問は

 - 面接対策

  関連記事

45歳で聞かれる質問は

失敗の経験について  45歳ともなれば多くの仕事を経験したはずです。と、なればよ …

45歳で守る面接マナー

マナーを守るというよりは    若い世代だろうが、高齢の世代だろうが面接のマナー …