45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

退社のために手続きを済ませる

   

他人のことも考えて進める

 退職が決まれば退職するまでに自分がいなくなった後に支障が出ないよう引継ぎ作業等をしていくことになります。退職手続きでやることは人によっても変わると思いますが、45歳ともなればやることも大分多くなってきていることでしょう。

 そのために最初は何をすべきかを確認して整理しておきましょう。その上で計画的に進めていく必要があるのですが、引継ぎ作業は引継ぐ人間、企業への挨拶はその挨拶するべき企業、退職の交渉は企業の交渉する相手と退職手続きの大半は自分だけが進めるだけでなく、他の人も関わって進めることになります。

 そのために自分本意に動かず、相手の都合も考えて動いていくようにしましょう。

無理せず進めましょう

 退職手続きは期間自体そこまで長くないことも多いため、相当多忙な状態で進めることが多くなると思います。そうなれば問題となるのは体調のことであり、無理をして進めれば体調を崩して退職手続きはもちろんのこと、転職先の入社にも響いてきてしまいます。急いで進める必要はあれど、必要以上に無理はしないように進めていくように心がけましょう。

 もちろん期間中の体調管理も忘れずに行いましょう。



【関連記事】
45歳での円満退職
転職先の入社で確認すること

 - 入社・退社

  関連記事

転職先の入社で確認すること

分からないこと、疑問があったらすぐに連絡を  入社の際に何かしら疑問や不明なこと …

45歳での円満退職

円満退職できるかどうか  45歳ともなると、定年も近くなってくる年齢ではあります …