45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

業種を変更する・管理職へ応募する際の面接ポイント

   

業種変更をする際の面接のポイントとは?

 45歳の転職で、業種変更を希望しているなら、応募書類や面接でのアピール方法を、しっかり練っておく必要があります。というのも、40代・50代といったミドル世代の中途採用は、即戦力としてすぐに成果をあげることを前提としており、ビジネススキルは高くても、経験値の低い人材は敬遠しがちという現実があるからです。では、業種変更をする際に、面接ではどんな点に気を付けておくべきなのでしょうか。

 まず、なぜ業種変更をしたいと考えたのかを、明快に答えられることです。その際、業種変更することでチャレンジしてみたい仕事という観点だけでなく、これまで培ってきたキャリアやノウハウが、その仕事にどう役立つと考えるのかを、きちんと説明できることが大切です。

 また、業種変更に伴い、新たに身につけるべき知識や技術に関しても、短期間に習得するためにどんな努力をしているのかを伝えられれば、その意欲と将来性を評価してもらえる可能性があります。職種の専門スキルが足りない分は、マネジメントスキルやリーダーシップをアピールするなど、あなたという人材の魅力を伝える努力を最大限にしてください。

管理職へ応募した際の面接のポイントとは?

 管理職採用へ応募する場合、これまでのマネジメント経験を問われることが多いです。45歳であれば、職位はつかなくても、プロジェクトリーダーとして仕事を進める経験は豊富でしょうから、具体的なエピソードを添えながら、管理職としての心構えを伝えるとよいと思います。

 また、45歳という年齢であれば、管理職専任としての採用ではなく、プレイングマネジャーとして活躍することを期待されることも多いでしょう。自分でも成果を上げながら、どう部下のモチベーションとスキルアップをはかろうと考えているのか、これまでの経験に基づいたプランを提示してみるのも、一つの方法です。

 また、管理職採用であれば、経営陣の立場に立ち、常にコストバランスを意識しながら仕事を進めなければなりません。将来、会社を担う30代のメンバーの育成が課題になっている企業が多いので、この点をどう考えるかをアピールすると、会社全体が見えていることが伝わりそうです。企業分析をしっかりしたうえで、ニーズに合ったプレゼンを展開してください。

 - タイプ別面接のポイント

  関連記事

gf1950067693l
回答のポイントを押さえれば面接も怖くない!

【よく聞かれる質問と回答例】 45歳の転職では、面接でも何かと悩まれている方が多 …

af0060001249l[1]
転職回数が多い・離職期間が長い場合の面接ポイント

転職回数が多い場合の面接のポイントとは?  転職回数は20代で3回、30代では5 …