45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

応募書類を書く時に悩んでしまったら

   

休んで再開しよう

 45歳ともなると体調にも支障が出やすい年齢となります。更に仕事場では重要な立ち位置として大きな仕事を任されることも多いため疲労の方も必然的に大きくなるでしょう。人間は疲れていると碌な考えが思い浮かばない場合が多く、もし応募書類で書くのに考えが止まってしまっている場合には、疲労が原因で思い浮かばないという可能性もあります。それで頭を捻っても余計疲れを大きくするだけなため、体を休めた方がいいでしょう。

 そして体調が整ったら書くのを再開するようにしましょう。

浮かばない原因には

 一方で本当に書くことが思い浮かばない原因としては、1つはその企業に応募する意欲がない、1つはそもそも転職すること自体迷っているということが挙げられます。実際に企業への意欲がないと志望動機も自己PRも書くのがためらわれてしまうため、このケースの場合には企業選びからやり直した方がいいでしょう。一方で実は転職することへの迷いがあると、それが頭に残って応募書類を書くのに抵抗を生んでしまいます。

 このケースの場合には今一度転職すべきか否かを検討してみましょう。できれば求人探しを始める時には転職をする決意が固まっていた方がよいのですが…人間だから時には考えに疑問が出るのは仕方がないことではあります。



【関連記事】
45歳の書く履歴書
45歳の書く職務経歴書

 - 書類作成ポイント

  関連記事

45歳の書く履歴書

重要なのは職務経歴書であるが…  基本的に45歳ともなれば、技術や経験を重視する …

45歳の書く職務経歴書

職務経歴書の内容について  45歳の転職では職務経歴書が重要となります。重要にな …

no image
サイトからWeb応募する際の注意点

サイトからweb応募する際の注意点とは?  転職活動を行う上で色々な求人情報を集 …

MS251_memotonewsp500
採用担当者の目をひく書類の書き方!

【経歴や取得資格の採用担当者の目をひく書き方とは?】  45歳の転職希望社にとっ …

af0100009150l[1]
仕事姿勢のアピールポイントとNGな志望動機

意欲や適性、仕事姿勢のアピール方法とは?  書類選考を突破するためには、経歴やス …