45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

企業の分析をしていく

   

企業だけでなく社会情勢も見ていこう

 企業分析では企業の情報を見るだけでなく、現在の社会情勢についても調べていくようにしましょう。仕事をしていて情報が入ってくることもありますが、今と昔では社会情勢も大きく違います。現に転職できる年齢が35歳という限界が取っ払われて、40代以降も可能性が出てきたのもその変化の証明の1つでもあります。

 今の社会情勢を知らないと、企業の情報を調べても昔と変わっているために昔のような見方になってしまって、おかしな分析をすることになってしまいます。

 今の社会で転職することを考えるのであれば、今の考えと社会情勢を理解することも大切なのです。

同じ職種と違う職種

 そして目指している職種によっても企業をどう見ていくか変えていくことになります。同じ職種に転職するのであれば当然のことながら今働いている企業と比較をしていくことになります。転職するのであれば今の企業とは違うところ、よいところを探せなければ意味がないからです。違う職種であれば該当する職種の業界全体と職種の内容を理解して調べていくことになります。

 しかしこれはようするに転職するのであれば、どの職種に転職するかをしっかりと決めておく必要があるということです。45歳ではぼやぼやしていると50代になって更に転職が難しくなってしまいます。その前に決めて動いていきましょう。



【関連記事】
45歳で進める転職活動の計画
45歳の自己分析方法

 - 転職準備

  関連記事

45歳の自己分析方法

過去を振り返り、未来を見る  自己分析は自分の持っているものを再確認するものであ …

45歳で進める転職活動の計画

物がわからなければ計画しようがない  転職活動をするにおいて最も先にやるべきなの …