45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

企業が求める人材とは?

   

採用される人の特徴と不採用になる人の特徴とは?

 同じくらいの年代で、それまでの学歴や職歴だって大差はない。それなのになぜか採用される人と、採用されない人がいます。その差はどんなことなのでしょうか。

 まず不採用になる人の特徴として、45歳での転職ということで、採用を焦るあまりに目についた企業にとにかく応募してしまうという点が挙げられます。その結果どれだけ優れた人材であっても、志望動機がどの企業でも通用するような内容であったり、未来のビジョンが明確でなく、転職してこの先自分がどういった仕事をしていきたいのかを具体的に説明できなくなってしまいます。

 ある程度の自己アピールができないと、やはり企業側も「一緒に働いてみたい!」とは思ってくれませんよね。逆に採用される人というのは、自分の得意な事や出来ることをしっかりと考え、その企業で自分が出来ること、やりたいことを上手くアピールしています。

 また採用される人は仕事に関するアピールだけではなく、趣味や特技の話も履歴書に盛り込み、明るい笑顔で面接官とコミュニケーションを取っていることも特徴だと言えるでしょう。第一印象も大切です。

企業が求める人材とは?

 45歳という年齢は、社会人として「ベテラン」の域に入ってくる年齢です。企業としてもやはり即戦力としての働けるのかが重要になってきます。全く同じ職種でなくても、関連性のある仕事であれば未経験であってもそこまで不利にはなりません。

 そして仕事内容だけではなく、部下を育てることが出来るだけのリーダーシップがあるか、早くみんなに馴染んで仕事ができそうか、というところも見られます。やはり新しい環境で新しい仕事をするわけですから、そこでいち早く慣れて力を発揮してほしいと思っているのです。企業側としてはせっかく雇ってもすぐに辞められてしまうと当然困ります。

 ですから出来るだけコミュニケーション能力が高かったり、協調性がある人材を求めているということですね。さらに前職のやり方にこだわりすぎるような頑固さはあまり歓迎されませんから、自分はこれから新しい道を歩くんだ!という謙虚な気持ちで面接を受けるように心がけましょう。

 - 企業の本音を知る

  関連記事

no image
企業が採用するポイントとは?

企業は応募者のどこを見て採用しているのか  景気回復により業績が上がった企業はこ …

no image
企業が応募者を不採用にする理由とは?

企業が応募者を不採用にする本当の理由とは?  45歳での転職ともなると、応募した …