45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

企業が採用するポイントとは?

   

企業は応募者のどこを見て採用しているのか

 景気回復により業績が上がった企業はこぞって、新規マーケットの開拓に乗り出しています。その結果、ノウハウがない業界に進出する企業も増え、即戦力となりうる45歳以上のミドル世代の求人も、増加傾向にあります。

 これまでは求人そのものが少なかったことを思えば、転職の絶好のチャンス到来と考えるひともいるでしょうが、すべての求職者が満足できる転職が実現できるわけではないという、現実があります。では、企業は応募者のどこを見て、採用を決めているのかを考えてみましょう。

 企業が45歳の中途採用者に求めるのは、業界や職務に精通した専門スキル、そしてキャリアと実績です。その際、個人での実績ではなく、プレイングマネジャーあるいはプロジェクトリーダーとして、組織であげた実績があるかどうかも重視されます。

 というのも、45歳の中途採用者に対して、企業は組織運営も含めた役割を期待することが多いからです。特に新規事業に参入する場合、業務の流れを理解して仕事を進める組織をつくらなければなりません。そうした職務内容とは別に、企業が求める能力についても、考慮するようにしましょう。

価値観・マインドの一致は大切?

 45歳で転職を決意するからには、並々ならぬ熱意や理由があったはずです。それを叶える転職を実現しようと思うなら、あなたの仕事に対する価値観や志向性が、応募企業の風土と一致しなければ、長く働き続けるのは難しいと言わざるを得ません。

 45歳の転職ともなれば、会社の規模が小さくなったり、年収ダウンは避けられない現実があります。その中でも、前向きにチャレンジをしていけるのは、転職を希望する企業で仕事のやりがいを感じられたり、自分の成長につながる何かを見つけられるからです。

 そうした希望や情熱をもって転職を果たせば、新たな環境でも積極的に新しいことに取り組み、成果をあげることで、自分のキャリアや年収を高めていくことができるはずです。年収に惹かれて価値観やマインドが合わない企業で意に沿わない仕事をするより、多少条件は悪くても、自分が前向きにチャレンジできる企業で働く方が、結果として満足度があがるはずです。

 - 企業の本音を知る

  関連記事

no image
企業が応募者を不採用にする理由とは?

企業が応募者を不採用にする本当の理由とは?  45歳での転職ともなると、応募した …

no image
企業が求める人材とは?

採用される人の特徴と不採用になる人の特徴とは?  同じくらいの年代で、それまでの …