45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

企業が応募者を不採用にする理由とは?

   

企業が応募者を不採用にする本当の理由とは?

 45歳での転職ともなると、応募した企業のすべてで書類選考を通過するわけではないので、貴重な面接の機会で自分という商品を、しっかりプレゼンしなければなりません。ですが、自分では手ごたえを感じていても、企業から不採用通知が届くことがあります。それに対して、あなたはどのような受け止め方をするのでしょうか?

 企業が45歳の応募者を面接し、不採用にする本当の理由は、採用という投資に対し、その応募者では回収が見込めないと判断するからです。回収が見込めないと判断する基準としては、「募集した業種や職種でのキャリアや実績、専門スキルが足りない」「組織の中で協調性を持って働ける確信が持てない」「個人での成果は見込めても、マネジメントスキルに不安が残る」などがあげられます。

 企業がミドル世代の応募者に求めるのは、採用後に短期間で大きな成果をあげることです。それは、個人で実績をあげるというより、これまでのキャリアやノウハウを活かして、部下や後輩にこれまでとは違う成果の上げ方を教えて、強い組織をつくれる資質があるかどうかをチェックされます。そうした企業のチェックポイントにマッチするアピールポイントや、エピソードをプレゼンできるよう、準備をしておきましょう。

不採用にならないように注意すべきこととは?

 45歳の応募者が、希望する企業で不採用にならないためには、職務内容だけでなく、組織的にどんな役割を求められているのかのニーズを把握し、それを満たす力があることをアピールするのが一番です。そのためには、厳しく自己分析をするとともに、応募企業の研究をいかにしたかが重要になります。

 自分が応募する職種の事業がどう展開されているのか、業界内でのその企業の位置、経営理念やビジョンなど、あらゆる観点から企業分析を行い、自分が入社した後にどんな貢献ができるのかを伝えられるまで準備しておけば、採用担当者はあなたの熱意と意気込みを感じるはずです。

 履歴書の志望動機欄や自己PR文で、いかに企業の視点にたった内容をアピールできるかが、採否にも大きく影響します。応募書類と面接の内容に食い違いがないよう、万全の準備をして選考に臨んでください。

 - 企業の本音を知る

  関連記事

no image
企業が求める人材とは?

採用される人の特徴と不採用になる人の特徴とは?  同じくらいの年代で、それまでの …

no image
企業が採用するポイントとは?

企業は応募者のどこを見て採用しているのか  景気回復により業績が上がった企業はこ …