45歳の転職徹底ガイド|意外と知らない転活法

*

仕事姿勢のアピールポイントとNGな志望動機

   

意欲や適性、仕事姿勢のアピール方法とは?

 書類選考を突破するためには、経歴やスキルはもちろんですが、志望動機もとても重要な部分です。仕事に対する前向きな姿勢や熱意をアピールするには、志望動機欄や自己PR欄で伝えるほかにないからです。ここで熱意を伝えられないと、書類選考を突破できる確率は残念ながら低くなってしまいます。

 まず最初に考えることは、応募企業がどのような人材を求めているかということです。そして次に、自分の経験から応募企業の業務においてどのような役割を果たすことができるかを考えましょう。簡潔でありながら具体的に、即戦力として力になれることをアピールするのがコツです。求人の内容やその企業のサービス、製品についてなどをしっかりと把握し、自分のキャリアを分析してみましょう。他の応募者と差をつけるためには、具体的なエピソードを交えて、採用担当者を納得させることが重要です。直接会って話を聞いてみたいと思わせるような書類にすることがベストです。

採用担当者の心に響かないNGな志望動機とは?

 採用担当者は、何十通りも応募書類を見ているため、ありきたりなマニュアル通りの志望動機だと心に残りません。どこの企業にでも当てはまるような抽象的な志望動機ではなく、この企業だからこそ働きたいというオリジナリティが必要です。「将来性に魅かれた」や「事業内容に興味がある」などの理由では、採用担当者の心に響くことはありません。スマートな内容ではなくても、泥臭くても自分の思いを自分のことばで熱意を持って伝えてください。

 どうしてこの企業でなければダメなのかが採用担当者にわからなければ、「他の同業者でも良かったのでは?」と思われてしまいます。40代の転職者の場合は、若い転職者にはない経験があるはずです。その経験があったからこそ、この企業で活かすことができるということが伝わるように志望動機を書くと良いでしょう。

 また、「グローバルに活躍できる」など、具体性に欠ける内容もNGです。難しくわかりずらい理由ではなく、誰にでもわかりやすく簡潔に納得できる理由が望ましいでしょう。応募企業の素晴らしさを語るのも良いですが、ただ褒めるのではなく、自分にとってなぜ魅力があるのかを伝えることが大切です。

 - 書類作成ポイント

  関連記事

no image
サイトからWeb応募する際の注意点

サイトからweb応募する際の注意点とは?  転職活動を行う上で色々な求人情報を集 …

45歳の書く職務経歴書

職務経歴書の内容について  45歳の転職では職務経歴書が重要となります。重要にな …

45歳の書く履歴書

重要なのは職務経歴書であるが…  基本的に45歳ともなれば、技術や経験を重視する …

MS251_memotonewsp500
採用担当者の目をひく書類の書き方!

【経歴や取得資格の採用担当者の目をひく書き方とは?】  45歳の転職希望社にとっ …

応募書類を書く時に悩んでしまったら

休んで再開しよう  45歳ともなると体調にも支障が出やすい年齢となります。更に仕 …